MS-Japan(エムエスジャパン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ms-japan

MS-Japan(エムエスジャパン)は管理部門の転職に特化した転職エージェントです。

 

会計スペシャリストの人材紹介実績としては2015年の楽天リサーチ調べにて業界トップ
利用者へのアンケート結果もリピート利用希望率が90%を超える満足度からそのコンサルティング力の高さがうかがえます。

 

創業者であり今も代表を務めるのはリクルート出身の有本隆浩氏。
リクルート事件の翌年28歳のとき同社を設立し、2015年には創業25年の老舗転職エージェントとなりました。

MS-Japan詳細解説

MS-Japanの基本データ

求人数 非公開
求人数
非公開
求人率
登録者数 年間
転職者数
対応
地域
年収
UP率
4,201件 約37,809件(※) 約90% 年間3,000名(有資格者のみ) のべ20,000名 東京・横浜・名古屋・大阪 非公開

※同社公開求人数と同社発表の非公開求人率より算出

MS-Japanの得意職種ベスト3

第1位 第2位 第3位
経理・財務 人事・総務 法務

 

 

MS-Japanの公開求人より作成した分布がこちらのグラフです。
管理部門特化型転職エージェントの名をそのまま示したかのような企業の管理部門といえばという3職種がトップ3に。

 

この他、弁護士や公認会計士等のいわゆる有資格者人材を多数登録者としてもつMS-Japanはインハウスローヤー等の転職支援も多く手掛ける実績があります。

MS-Japanの有資格者にベスト3

第1位 第2位 第3位
公認会計士 簿記一級 税理士

 

※2015年8月時点

 

MS-Japanの最大の特徴は、管理部門のなかでも特にスペシャリスト人材の転職支援が強いこと。
上記は最新の登録者状況ですが、特化型転職エージェントの中でも監査法人や専門ファームとのパイプを持ち有資格者のスムーズな転職支援ができる事業者は限られています。

MS-Japanをまとめると

管理部門系人材に完全特化した転職エージェント。
一部リサーチ会社調べにて、実績と利用者満足度などで業界トップの成績を残す実力は転職エージェントです。

 

転職成功者の9割近くがリピート希望を出すなど、コンサルティング品質の高さは折り紙付き。
一方で、登録者の多くが有資格者のスペシャリストであるため、逆説的に登録難易度の高さは感じるところです。

 

  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • USCPA
  • MBA

 

こうした難関資格を保有していて質の高いコンサルティングを求める転職希望者の方には最適な転職エージェントだと言えます。
ホームページ上で外国人キャリアアドバイザーが紹介されているのも、同業者と比較するととても珍しい特化型転職エージェントならではの取り組みです。

 

 

>>自分に適した求人があるか確認する<<