本当は教えたくない転職エージェントの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
choose_agent

転職活動を早期に成功に導くための転職エージェントの選び方について解説します。
元リクルートとしての筆者の知識・経験から自信を持ってお伝えしましょう。

 

大切なのは2つ。
総合型転職エージェントによる求人ボリュームの確保と、特化型転職エージェントによる業界・職種に応じた詳細なキャリアプラン形成の実現です。

まずは総合型転職エージェントから2つ

総合型転職エージェントは規模も大きく、その知名度や過去実績から自ずと求人が多く集まる傾向にあります。

 

加えて、一般的に大企業への入社難易度が高くなるように転職業界を志す人材のなかでも優秀なキャリアアドバイザーを多く保持しています。

 

彼らはいわば貴方の転職活動のプロデューサー的な位置付け。
転職準備段階やあらゆる選考フェーズにおいて生じる疑問に答え、方向付けをサポートしてくれる役割だと認識しましょう。
そうした観点から、最低1社。できれば2社のコンサルタントと面談を実施しておくことをオススメします。

 

総合型転職エージェント一覧へ

方向性が決まったら特化型転職エージェントへ

特化型転職エージェントは文字通り特定の業界や業種の転職を専門に支援する転職エージェントです。

 

総合型転職エージェントに存在するキャリアアドバイザーを「ゼネラリスト」と位置づけるならば、特化型転職エージェントは「スペシャリスト」。

 

特徴としては、長く転職業界に身をおいた「転職のプロ」ではなく、各業界・職種経験を積んできた「業界・職種のプロ」のキャリアアドバイザーが多く居る事。

 

IT業界の転職希望者の視点で例えてお伝えしましょう。
貴方が汎用機系のシステムエンジニアとしてCOBOLによる開発経験を多くお持ちの場合。

 

ー総合型転職エージェントならー
IT業界の転職」に長けたキャリアアドバイザーが担当につくでしょう。
もちろんレガシー系のSEのサポート実績もあるでしょうが、比較的Web系スキル保有者のカウンセリングが多かったり、まぁまちまちです。

ー特化型転職エージェントならー
COBOLでの開発経験を持つ」キャリアアドバイザーが担当につく可能性が高いです。
自ずと貴方の今後のキャリア形成のヒアリングもかなり近しい目線で実施してくれますし、第三者からみた貴方の魅力の定義付けについても的確な意見が出せるでしょう。

 

結論、貴方の出身だったり目指す業界・職種に応じた特化型転職エージェントとの面談は自己PRや志望動機といった選考フェーズで必要な語りを形作る上で非常に有効だと言えます。

 

特化型転職エージェント一覧へ

総合→特化→総合 と転職エージェントを利用する

前段として総合型と特化型、2つの転職エージェントカテゴリの特徴をお伝えしました。
実際の利用形態としては下記のように実行すると最もメリットを得られやすくなるでしょう。

1.総合型転職エージェントから転職活動全体の情報を得る

2.特化型転職エージェントとの面談で自分のPRの型を作る

3.総合型転職エージェントの保有する理想の求人情報を得る

 

総合→特化→総合と、それぞれの強みを利用する形でスライドするわけです。
この動きがスムーズに実現すれば、貴方は貴方のキャリアをしっかりまとめた上で、且つ応募したいと思える企業の求人情報を多く獲得することができます。

 

転職エージェントも慈善事業ではありません。利用料は無料ですが、代わりに貴方の転職を自社を通じて実現させる点には執着します。
そのような攻勢を受けるにあたって、初めから一つだけに転職エージェントを絞ってしまうとついつい相手の言うままに動いてしまうのです。

 

そのため、元転職エージェントである私がお伝えする転職エージェント選びのノウハウとしては複数の転職エージェントをそのメリットに応じて利用することを推奨しているわけです。
他でもない貴方の人生。一番大切なのは、第3者にコントロールされる事なく貴方自身が主導権を持ち、自ら決定する事です。

 

そうすれば自分で決断した、納得のいく転職活動のゴールを迎える事ができるはずですからね。