転職エージェントを利用するメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
m_d_1

転職エージェントは上手く利用すれば転職活動を成功に導くことができる強い味方です。
しかしながら、メリットの裏側には当然デメリットも存在します。

 

筆者の転職エージェントでの勤務経験に基づいて両者について考えていきたいと思います。

 

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントをその利用価値・介在価値で考えるに、メリットとデメリットが生じそうな場面を大きく4つ見ることができます。
ここではその利用シーン別におけるメリットとデメリットという比較で展開していきたいと思います。

1.キャリアのまとめ時期

いわゆる転職の準備段階、もっとも手前に来る段階です。
さて、転職エージェントが居ることでどのような違いが生じるでしょうか。

キャリアの棚卸し 職務経歴書等の準備
メリット インタビュー形式で実施 面談結果に基づいて代行作成
デメリット 面談までに相応の記憶の想起が必要 プライバシーに関わる部分や秘匿性が高い点は自己編集が必要

キャリアのまとめのシーンではメリットが勝つように見受けられます。
転職エージェントが介在することで得られる最大の価値は準備時間の短縮でしょう。

 

2.応募企業・求人選定期

次に目指すべき方向性が見えた後、実際に企業の門を叩くまでの場面です。
この場面では少し転職エージェントが自身のビジネスを求める動きを見せることも。

狙う求人の定義 求める待遇の定義
メリット 企業ニーズに即した意見の提示 第三者視点での市場価値の想定
デメリット 採用の可能性の薄い求人へのチャレンジは避けられる可能性がある 雇用形態や年収に関わる部分のため、議論が平行線を辿ることもある

前提として転職エージェントは一般に公開されない多数の非公開求人を持つため、それらを吟味できることは大きなメリットです。
その部分についてはデメリットと並べる要素はありませんので、敢えて利害が衝突しそうな部分に絞って記載しています。

 

求人の選択肢が広がるという大きな価値の裏側で、チャレンジする企業や求める待遇について自分の認識を改められることをデメリットに感じる方が多いかと思われるシーンです。
その真因は「転職希望者を転職に導く」という、転職エージェントのビジネス上のミッションから生じています。

3.選考期

実際に企業に赴いて選考を受ける時期。転職活動の山場です。
転職希望者としては、一つ一つの合否の連絡に心が揺さぶられる不安定な時期になります。

求人レベルのチューニング 選考のスケジューリング
メリット 豊富な求人から二の矢三の矢を提示 いつの間にか当初求めた求人から乖離していく流れになることがある
デメリット 各企業の上申・決裁速度に基づいた計画の立案 必ず受けたい企業を強く伝えないと結果を見ることなく他社選考が進む

例えば応募企業の選考の過去傾向や面接官の情報の提供。この場面でもデメリットの存在しない転職エージェントの価値は沢山あります。
上記で比較したのはあくまでデメリットが存在する側面ですが、人によっては本当に大きなデメリットに成り得るものです。

 

矢継ぎ早に選考の合否連絡が入り、いつしかただ転職することだけが目的にすり替わる。
この心理状態が一番危険ですから、転職希望者には冷静に結果を受け止め次の一手を伝える意思が求められます。

4.内定・退職交渉期

転職活動の最後の場面です。
転職エージェントにとっては自身のサービスの成果が決まる場面、当然営業職としての本質も見えてきます。

内定先の妥当性の判断 退職交渉の支援
メリット 過去の転職決定者実績に基づく基準の提示 円満な退職に向けたノウハウの指南
デメリット 確固たる意思と判断軸をもたないと、流されて入社意思承諾を諭されることも 特に入社時期について遵守を求める傾向があり、自身で明確に必要期間を見積る事が必要

転職エージェントは転職希望者の入社をもって、その企業から採用コンサルティング料金を受け取ります。
当然ながら、ミスマッチによる早期退職にたいする返金の規定などもありますので転職させることが全てとは考えていません

 

しかしながら、転職エージェントが理想の職場探しのための慈善事業者なのだと誤解をしているとこの場面での彼らの意思確認の姿勢や勢いに目を丸くすることもあるかも知れません。
それだけ転職エージェントも必死になる場面であること、自分の人生の決断であることを念頭に意思を持つことが大切な時期です。

転職エージェントのデメリットは転職希望者の意思で大体消える

 

良薬口に苦し。
メリットが大きいものには当然裏の側面が存在します。

しかしながら、転職エージェントサービス利用においてはその点も意思の力と意識の置き方で消し去ることが可能です。

 

  • 転職エージェントは慈善事業ではない
  • 転職エージェントが生きていくためには転職実績が必要である
  • ただしこれは自分の人生、決定権は常に自分にある

 
たったこれだけを意識するだけで、貴方は転職エージェントに翻弄されずそのメリットだけを享受できる強い転職希望者になることができるでしょう。