社内恋愛がバレて気まずくなって転職。そもそもどうすれば良かったのか

love_factory

依然として少子高齢化社会が進む日本。
出会いがないことで婚姻を遅らせるくらいならば積極的に会社コミュニティにも出会いを求めるべきだと思います。

 

しかしながら、同じ職場のあまりに近い距離感での社内恋愛が発覚するとマネジメント側が悩むのも事実。
このあたりのコントロールは企業体質と、ほかでもないマネジメント層との距離感・コミュニケーションに依存します。

 

さて、仕事とプライベートを両立するために考えるべきこととは。

社内恋愛、はじめました

「あの二人、怪しいらしいよ。。。」

一応前提として。不倫は論外です。絶対にバレないように勝手に励んで下さいませ。
本頁では社内恋愛とお互いの会社での立場をどう両立していくかを考えていきます。

 

前述しましたが、企業体質と上司の性質が大きく関わる部分です。
聡明なビジネスマンであれば、そのような時どうするか?きっとおわかりのはず。
そう、前例を探せば良いのです。

 

職場で社内恋愛関係がオープンになった前例はあるか。
ないならばどうするか、分岐して対応していきましょう。

オープンならばエスカレーションあるのみ

「みなさんにご報告があります!」

例に挙げたのは、サークル気質のベンチャー企業並にオープンな職場の場合です。
だったらもう飲み会の余興のひとつとして、発表して場を盛り上げるくらいの使い方をした方が翌日からぐっと楽になります。

 

オープンな職場であるほど、コソコソした態度が嫌われるというのはよく聞く話です。
潔くあけっぴろげに、本音で話す事が好感視される若い会社は増えてきています。

オープンでなくとも、エスカレーションに保険あり

「課長、ご報告が。」

ご報告が、ご連絡が、ご相談が。
報連相は魔法の対応力を持ちます。大抵のことはこう話しかければはじめることができるのですから。

 

前例として社内恋愛なっていないような職場の場合、あとは波風立てない手続きが必要です。
いざ明るみになってしまった時の事を考えると、信頼できる上司には酒の場で伝えておくくらいの根回しができると都合が良いでしょう。

 

上司も人間。プライベートなことを打ち明けられて悪い気になるという話はあまり聞いたことがありません。
世の中には上司に気に入られるために、なんと我が子の命名をお願いするという悲しい話まであるくらいなのです。

隠すと決めたら中途半端はやめましょう

「そんなまさか、全くわからなかったよ」

社内恋愛が一部の企業で嫌われる理由は、マネジメントに支障をきたすからです。
それは、適当に食いちらかしてポイッとする一部の非道な連中のせいにほかなりません。

 

そうした社内恋愛禁止の空気が漂う職場では、バレた時どちらかか部門を異動になったりそれが原因で転職退職となるケースもしばしばです。
もし貴方がそうした状況にいるのならば、会社の行き帰りなど当然として休日の過ごし方まで最新の注意を払うべきです。

 

人間、本当にいつどこで見ているかわからないものですから。

ゴールインすると評価が一転するのもまた人間の性

「えー、僭越ながら祝辞を述べさせて頂きます…」

比較的おカタい企業は、社内恋愛状態では職場にプライベートを持ち込むなと厳しい目を投げかけるがちです。
しかし、面白いことにいざゴールインした結婚式披露宴のテーブルに職場関係者の名前があることが多いのもまた老舗の企業だったりします。

 

仕事もプライベートも人間としての根っこは同じ。
ゴールインという形を成し遂げた部下には、上司は最大の賛辞を送るとともに、「俺はあいつの式に主賓として呼ばれた」というご自慢の記憶をたたえる事になります。

 

くれぐれも、損のない社内恋愛ライフを。

関連転職ノウハウ



転職エージェントのキャリアアドバイザーと会話しよう

私がこの転職エージェント.comでお話しているノウハウは全て、私自身のリクルートでの活動と転職活動時のキャリアアドバイザーとの面談からヒントを得たものです。
もしキャリアアドバイザーと面談された事がないならば、是非一度会いに行かれる事をオススメします。
きっと貴方に最適なPR方法を定義してくれますよ。