出戻りは意外に成功する!転職を後悔したらまずは相談

going_back

若気の至りで転職してしまった。
ついカッとなって退職してしまった。

 

輝かしい転職事例の裏側で、転職や退職を後悔する方々が居るのもまた事実。
思い描いていた理想とかけ離れた転職先を見た時、人はジョブホッパーへの第一歩を踏み出してしまいます。

 

一方で、意外にすんなりと元の会社に出戻りできてしまった成功談もよく耳にします。

 

捨てるのはプライドのみ、出戻りを選択する勇気

「本当に申し訳ありません。自分の判断を悔いています。」

この一言が出せるかどうかで、まず出戻り交渉の扉を開けるかが決まります。

 

  • 退職という行為の謝罪
  • その職場への未練と転職・退職という行為への後悔
  • 上記を少なくとも人事部長級の採用稟議を上申できる立場の人間に伝えること

 

人事部長というとお硬いイメージがあります。
実際は採用稟議に影響を与えられれば良いので、元の所属部門の本部長・役員などが具体的なアプローチ先になるかと思います。
逆算すると、その部門長にアポイントをとるためにはまず前職の直接の上司だった方に話をせねばなりません。

 

ところで、何故出戻りは成功するのでしょうか?
企業から見た出戻り採用者のメリットを考えてみましょう。

1.即戦力

「ウチの仕事は特殊だから、ぶっちゃけ戻ってきてくれて助かったよ」

ある出戻り採用者の上司が漏らした本音です。
本質的には世の中には同じ種類の仕事は2つと存在しませんが、それを前提としてもなお自部門の業務を「特殊」と認識する幹部社員は多いです。

 

人員が退職するということは当面の戦力減に加えて、後に補充される人員への教育工数も新たに発生するもの。
その課題が半ば一気に解決するわけですから、幹部社員の視点としてはメリットを感じることが多いです。

2.(今度こそは)継続力

「貴方、もう後はないのよ?」

出戻り採用者は退職という意味では前科者です。
ただ、上記のように近しい間柄の親族や家族からプレッシャーがかかります。もう辞められないよと。

 

本当に稀に、出戻り後やっぱり辞めるというひどい事例を聞くこともありますが、正直それは出戻りを承認する側の採用ミスです。
退職時にトラブルがあったかの確認や、再度雇用する際にあらためて本人の過去の素行を吟味することは当然求められますから。

 

翻って、一度退職していることが出戻り採用者の継続力を高めることになると判断する企業が多くなるわけです。
ものすごく乱暴に表現すると、サイコロで同じ目は連続して出にくいだろうという主観に近いものかも知れません。

3.エンゲージメント

「恩義があるんだ、やらねば。やってみせる。」

経営の用語においてのエンゲージメントは、社員の会社に対する思い入れを指します。
上述の継続力が出戻り採用後の定着率に関わるのに対して、エンゲージメントは仕事の質に関わってきます。

 

出戻り採用者の自己認識は複雑です。

 

  • 「もう自分は同期と比較して遅れてしまった」という諦め
  • 「ここから出世するには倍の成果を残さないといけない」という意欲
  • 「生きていくために、とにかく目の前の仕事をやろう」という達観

 

これらが混在している状態です。
ただ出戻り経験者をそれなりの数見ていくと、諦めよりも意欲が勝つケースが断然多くなってきました。

 

企業は、出戻り採用の面接でまさにこの転換を乗り越えられそうな人物かどうかを見ているのがわかります。
数ヶ月〜数年して現れてくる変化の兆しを見抜く。採用の奥深さが現れるポイントです。

出戻りに必要なのは勇気だけです

「課長お久しぶりです。あの、ちょっとご相談が…」

この一言を口に出して、あとはお酒の力に頼っても良いでしょう。

 

悲しいかな、当然前職を退職する際の貴方の行動で出戻り交渉が門前払いされる可能性だってあります。
しかし、交渉のステージに乗ることができれば選考の大部分は他でもない過去の貴方の働きぶりが片付けてくれます。

 

ですから、今必要なのは出戻りを相談するかしないかの選択だけなのです。

関連転職ノウハウ



転職エージェントのキャリアアドバイザーと会話しよう

私がこの転職エージェント.comでお話しているノウハウは全て、私自身のリクルートでの活動と転職活動時のキャリアアドバイザーとの面談からヒントを得たものです。
もしキャリアアドバイザーと面談された事がないならば、是非一度会いに行かれる事をオススメします。
きっと貴方に最適なPR方法を定義してくれますよ。