うそ…転職活動の面接の質問ってすごい単純///

面接

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
interview1

転職活動において最も大切な3つの要素について、以前転職活動に必要なたった3つのことで解説を実施しました。

 

要約すると、転職希望者として準備すべきものは自己PR・志望動機・転職理由の3つだけということでしたが、それはつまり転職面接で実施される質問にも同じことが言えるということです。

転職面接の質問はたったの3種類だけ

採用担当者や面接官が聞きたいことはたった3つだけなのです。
それが貴方の自己PR・志望動機・転職理由。

 

逆に言えば、この3つさえ確認できれば採用するかどうかの判断ができるということ。
転職活動というのはとてもシンプルなものなのだと思って頂いて結構です。

 

ただ、1点だけ注意が必要なのは面接での質問の形

 

「自己PRしてみて下さい」
「当社への志望動機はなんですか?」
「これまでの転職理由を教えて頂けますか?」

 

全てがこのような直球の質問ではないという事がとても重要。
一方で、全ての質問はこのいずれかの派生であることも事実。
では要素別に質問の例を挙げていきましょう。

自己PRを聞く質問

【自己PRの質問例】
1.職務経歴について説明して下さい
2.これまでで最も大きな仕事はどのような内容でしたか?
3.ミッションの中で困難な事はありましたか?

これらは全て貴方の自己PRを聞いています。
項番に対応させて解説します。

【自己PRの質問例への回答】
1.職務経歴の説明の中から貴方のアピールポイントを説明しましょう。
2.最も輝かしい実績を伝えることで、貴方の能力をアピールしましょう。
3.困難な経験に併せて、それをクリアしたストーリーを伝えましょう。

志望動機を聞く質問

【志望動機の質問例】
1.当社をお知りになったきっかけは何ですか?
2.今回の求人の業務にどのようなイメージをお持ちですか?
3.貴方の目標はなんですか?

これらは全て貴方の志望動機で返答が可能です。

【志望動機の質問例への回答】
1.その企業への興味を軸にしてきっかけを説明しましょう。
2.その求人を通じてどんな事がしたいかを含めて答えましょう。
3.社会人、プロとしてのゴールをその企業と求人に沿って伝えましょう。

転職理由を聞く質問

【転職理由の質問例】
1.なぜ転職活動を始められたのですか?
2.前の仕事でストレスに思うことは何でしたか?
3.前の企業に入社された理由は何ですか?

これらは全て貴方の転職理由を探っています。

【志望動機の質問例への回答】
1.転職を考えたきっかけを伝え、解決するために考えた行動を話しましょう。
2.もっと○○したいが、できなかったというポジティブな表現をしましょう。
3.当初の目標と今回の志望動機をリンクさせ、延長線であることを証明しましょう。

 

このように、面接官からの質問を一旦頭の中で3つの要素のいずれかに振り分けます。
その上で、本質的に相手が求めるカテゴリで返答することで面接はスムーズ展開を見せるのです。

 

面接官に「隙がないな」と感じさせることができれば、その面接の通過はもうすぐそこです。

関連転職ノウハウ



転職エージェントのキャリアアドバイザーと会話しよう

私がこの転職エージェント.comでお話しているノウハウは全て、私自身のリクルートでの活動と転職活動時のキャリアアドバイザーとの面談からヒントを得たものです。
もしキャリアアドバイザーと面談された事がないならば、是非一度会いに行かれる事をオススメします。
きっと貴方に最適なPR方法を定義してくれますよ。