転職活動の3種の神器の揃え方

thethreeweapon

転職活動を成功に導くのたった3つのポイント。

 

それが「自己PR」「志望動機」「転職理由」であることは既にお伝えしました。
では、それらをどうやって転職面接の場で表現すれば良いのか?
具体的にポイントを突き詰めてみましょう。

自己PR・志望動機・転職理由の表現方法

これらの転職を成功させる要素は既に貴方の中にあります。
これまでの職務経験からポイントを拾って加工するだけです。

自己PRの表現方法

1.大きな仕事・珍しい実績
転職先に「使える人材」である事をアピールする。
そのためにはこれまでの職歴の中から、他者の目を引く経験や結果を抜き出しておきましょう。

 

2.最大のピンチ・克服した挫折
転職先に「伸びる人材」である事をアピールする。
無事転職した後も成長するだろうと相手に理解させるには、これまでどんな壁にぶつかったかを伝える事。
そのためには辛かった経験を整理する必要があります。

 

3.貴方の「自分力」
貴方の自己PRのキャッチフレーズは何か?
それは上記の成功体験と失敗体験を掛け合わせることで見つかるはずです。
エピソードから組み立てる事で、「例えば?」という質問に即答できる自己PRが完成します。

志望動機の表現方法

1.前の会社への志望動機
転職活動では一貫性がとても重要。
あっちこっちに移り気だと思われないためにこれまで所属した会社を志した理由を思い出しましょう。

 

2.理想の将来像
貴方の社会人としての人生のゴールは何か?
最終的にどうなりたいのかという希望・志望をきちんと言語化しておきます。

 

3.理想と現実のギャップ
志望動機は3段論法です。
「私の理想はこうです。しかし、現在はこうです。だから理想に至るためにこの会社を志望します。」
ゴールと現在地を把握することでこの表現が可能になります。

転職理由の表現方法

1.転職の契機
転職理由は加点方式ではなく減点方式
「なぜ転職しようと思うのですか?」という問いに、ポジティブに返答する事が大切です。

 

2.転職しないための努力
すぐに物事を投げ出す人材は求められません。
転職を思いつくきっかけが生じたとき、なんとかそれを自分の力で変えようとしたというエピソードは必須です。

 

次回からは自己PR・志望動機・転職理由を個々に解説します。

関連転職ノウハウ



転職エージェントのキャリアアドバイザーと会話しよう

私がこの転職エージェント.comでお話しているノウハウは全て、私自身のリクルートでの活動と転職活動時のキャリアアドバイザーとの面談からヒントを得たものです。
もしキャリアアドバイザーと面談された事がないならば、是非一度会いに行かれる事をオススメします。
きっと貴方に最適なPR方法を定義してくれますよ。